• はじめての方へ
  • ご注文について
  • お見積りについて
  • 基本価格表
  • よくあるご質問
  • 見本・サンプル
複写伝票あれこれ
お見積り・お問合せは096-324-0303。営業時間は8:30〜17:30(土日祝休)

ノーカーボン紙とは、複写伝票/伝票印刷で使う”印刷用紙”です

サービス実施記録

筆圧、印圧により下の紙(2枚目や3枚目)に写る用紙を「複写用紙」と云います。
「複写用紙」は加圧して複写させるので、下の紙に写りやすいように上質紙などと
比べて薄い用紙が使われます。

かつては複写伝票/伝票印刷ではペラペラした薄くて真っ黒な「カーボン紙」を
複写用紙の間に挟んで複写していました。

その後、複写用紙の裏全面にカーボンを塗布した「全面裏カーボン紙」や、複写用紙の
裏面に複写させたい部分のみにカーボンを加工する「裏カーボン印刷」が登場します。

複写伝票/伝票印刷でも「裏カーボン印刷」は運送会社の配送伝票など、今でも多く使われています。
また、全面裏カーボン紙も一部の伝票で使われています。

一方、複写用紙の表面に特殊なマイクロカプセルを塗布し、加圧することでマイクロカプセル
を潰して、発色させるする用紙があります。

マイクロカプセルは透明でカーボンのように目で見えないので「ノーカーボン紙」と呼びます。
ノーカーボン紙には、「上用紙」「中用紙」「下用紙」があります。

「上用紙」・・・用紙の裏面にカプセル(発色基材)を塗布
「中用紙」・・・用紙の表面に顕色剤、裏面にカプセル(発色基材)を塗布
「下用紙」・・・用紙の表面に顕色剤を塗布


ノーカーボン紙

各シートを上図のように重ねて筆圧や印字圧を加えると、マイクロカプセルがこわれ、
カプセル内の無色染料が顕色剤と瞬間的に化学反応を起こして、発色します。

※参照URL:複写伝票/伝票印刷の用紙について  https://yo-net.co.jp/paper/

ですので、当然ながら「上用紙」「中用紙」「下用紙」の順序を間違えますと
発色しない=写らない、事になります。

複写伝票/伝票印刷では複写枚数に限らず、
1番上には「上用紙」・一番下には「下用紙」・中間は「中用紙」を使用します。
筆圧、印圧により下の紙ほど写りが薄くなりますので、最大の複写枚数は6枚迄が良いでしょう。


今日はこの辺で終わります。
続きはまた次回に書きますね。


■下記より伝票印刷/複写伝票の見積りをご依頼頂けますので、
お気軽にご利用ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
<伝票印刷/複写伝票の見積り依頼ページ>

■伝票印刷/複写伝票のサンプル集です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
https://yo-net.co.jp/sample/



今後とも「オリジナル伝票印刷の米村印刷」をどうぞよろしくお願い申し上げます。


btn_sp_pagetop
@yonemura_pさんのツイート