• はじめての方へ
  • ご注文について
  • お見積りについて
  • 基本価格表
  • よくあるご質問
  • 見本・サンプル
複写伝票あれこれ
お見積り・お問合せは096-324-0303。営業時間は8:30〜17:30(土日祝休)

ノーカーボン紙の種類<色と厚さと発色の色>

サービス実施記録


複写伝票の印刷に使うノーカーボン紙は「白色」のほかに、
クリーム色・アサギ色・ピンク色の3種類の色用紙があります。

色用紙の厚さは標準の「N40」のみです。(N40クリーム、N40アサギ、N40ピンク)
価格は「白色」より若干高くなります。


ノーカーボン紙の色

また、「白色」に限り、厚さの番手があります。

上用紙・・・N40白(標準)、N50白、N60白、N80白
中用紙・・・N40白(標準)、N50白、N60白、
下用紙・・・N40白(標準)、N50白、N60白、N80白、N100白、N130白、N160白

上用紙、中用紙、下用紙については下記をご参照ください。
https://yo-net.co.jp/column/3451/

「白色」に限りと書きましたが、色用紙で1種類だけ、『下用紙N80うすクリーム』があります。
これは領収証などに使われるケースが多いようです。

●青発色と黒発色

1枚目にボールペンなどで書いた文字は2枚目以降に「青色」で複写されます。
これを「青発色」と云います。

通常の場合「青発色」ですが、「黒発色」にすることが出来ます。
価格は「青発色」より高くなります。

「黒発色」にする場合は、すぐ上の用紙を「黒発色用のノーカーボン紙」にします。
すぐ下の用紙は通常のノーカーボン紙で大丈夫です。

たとえば、2枚複写の場合は1枚目を「黒発色用紙」とし、2枚目は通常のノーカーボン紙でOKです。

3枚複写の場合、2枚目3枚目ともに黒発色させる場合は、1枚目と2枚目を「黒発色用のノーカーボン紙」にします。

2枚目を黒発色、3枚目を青発色にする場合は、1枚目のみを「黒発色用のノーカーボン紙」にします。

2枚目を青発色、3枚目を黒発色にする場合は、2枚目のみを「黒発色用のノーカーボン紙」にします。
ちょっと分かり辛い説明ですね、、、

「黒発色用のノーカーボン紙」の色と番手は下記のとおりです。
上用紙・・・N40白(黒発色)、N50白(黒発色)
中用紙・・・N40白(黒発色)、N50白(黒発色)

「黒発色」は「白色」限定になります。色用紙で「黒発色」にすることは出来ません。


今日はこの辺で終わります。
続きはまた次回に書きますね。


■下記より複写伝票の見積りをご依頼頂けますので、お気軽にご利用ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
<複写伝票の見積り依頼ページ>

■複写伝票印刷のサンプル集です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
https://yo-net.co.jp/sample/

btn_sp_pagetop
@yonemura_pさんのツイート